囲碁の中にある特別な存在

 コウは囲碁の醍醐味と言えるでしょう。

 コウの絡んだ死活、コウの絡んだ攻め合い、コウの絡んだヨセ。

 どれも凄く難しい。でも、面白い!

 囲碁の単純なルールの中にあって、コウはその特異な性質で、囲碁をより魅力的なものにしています。

 コウなくして囲碁なし。そのくらいコウは特別な存在です。

 本局にはコウがたくさん出てきます。

 どうぞごゆっくりご覧ください。

 それでは、本日の囲碁日記です。

 2018年12月13日対局。

 対局場所:KGS

 黒番:***(4k)
 白番:koooji(3k)

 公式戦。
 向先。黒から0.5目コミ出し。
 持ち時間:30分+30秒×5回

● ***(4k) ○ koooji(3k)

 

 うっきゃー、半目勝ってたー!!!

 なんていうかもう、お互いにミスしあいだったけど、運がよかったようです。

 コウは面白い。

 そうそう、私kooojiの別名は「コウおじさん」。「こおおじさん」が「コウおじさん」に変化しました。

 隙があったらコウを仕掛けていきます。嘘です。コウ難しいです。できれば避けたい(^^;

 よしっ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください