ネット碁の形勢判断機能

 目算に近いことをやってくれるネット碁の形勢判断機能ってどうなんでしょうね。

 KGSにも「スコア予測」機能はありますが、対局中のプレイヤーは使えません(観戦者は使えます)。

 「対局中のプレイヤーは使えない」。私はこれが正しい機能だと思うのです。だってリアルの対局じゃ目算を含む形勢判断は自力でやるしかないのですから。

 野狐や幽玄の間は対局中でも形勢判断機能が使えます。(幽玄の間は有料会員だけの機能)。私はこれに賛成できません。目算や形勢判断の能力も棋力のうちだと思うからです。

 野狐で対局する時、私は形勢判断機能を無効にして対局を申し込みます。

 対局申請の画面で赤枠で囲った所のチェックを外せばOK。

 今日も目算頑張ります(^^)

 それでは、本日の囲碁日記です。

 2019年2月6日対局。

 対局場所:野狐

 黒番:***(2級)
 白番:koooji(2級)

 互先。黒から6.5目コミ出し。
 持ち時間:30分+30秒×3回

● ***(2級) ○ koooji(2級)

 

 最後の最後で大逆転!と思って調べたら、お相手が正しく打っても、私が6.5目程勝ってました。

 なぜ目算で10目以上も間違えたのか。危うく投了するところでした(^^;

 自ら形勢判断機能を無効にしておいて、目算を間違えるとはね(笑)

 まだまだです。

 でも勝ててよかった(^^)

 よしっ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください